カチオンダムテックス®

カチオンダムテックス

カチオンダムテックス®の特徴

カチオンダムテックス

CATION DOMTEXは、カチオン可染ポリエステル加工糸を使用していますので、 特にレギュラーポリエステル糸を分散染料で染色した場合に起こりやすい昇華汚染の問題を解消しています。


また、その染料特性により鮮やかな発色性があり、織ネーム・ 織テープ等のデザイン再現性にすぐれています。


さらに、昇華汚染の解消のみならず、洗濯・ドライ・摩擦・塩素 漂白・ホットプレス等の各種堅牢度を高いレベルでクリアーしています。

カラーチップ詳細
平織/綾織
平織/綾織
朱子織
朱子織
カチオンダムテックス®の特徴

利便性

  • 418色の豊富なカラー数。
    チップ1枚1枚にカラー番号が織り込まれているので色指示のミスがありません。
  • チップ全色を糸でなく織物組織表現しているため完成品をイメージすることが容易です。
  • 出し入れが容易で色合わせしやすい。
  • 日本ダム、上海ダムとの共通オペレーション

安全性

  • カチオン可染ポリエステル加工糸を使用していますので昇華汚染を解消します。
  • 世界が信頼する人体に安全な品質「エコテックス規格100」の認証を取得しています。
    詳しくはエコテックス規格100のページへ。
カチオンダムテックス®と分散染料で染めたポリエステル糸との比較
カチオンダムテックス使用ネーム
カチオンダムテックス使用ネーム

織ネームを、高温ヒートセットや形態安定加工などの高い温度で加工しても、目立った移染をすることがありません。

分散染料で染めたポリエステル糸使用ネーム
分散染料で染めたポリエステル糸使用ネーム

織ネームを、高温ヒートセットや形態安定加工などの高い温度で加工すると、分散染料の種類や染工場の管理体制によっては染料が相手素材に目立った移染をすることがあります。