再帰反射材

再帰反射材「COLORFULL REFLECTOR」

再帰反射材「COLORFULL REFLECTOR」の特徴

再帰反射材「COLORFULL REFLECTOR」

再帰反射でありながら任意の色に着色可能で、着色しているにもかかわらず正面輝度80カンデラ(※)程度と高い輝度で夜間の視認性を高めます。(反射色は白になります)取り付け方法は、縫着、熱接着、感圧着の3タイプがあり衣類だけでなくさまざまな製品に使用可能です。


※カンデラ(cd)光源から出ている光の明るさの単位。
もともとは1本のろうそくの明るさを1カンデラとしたのがルーツ。カンデラはキャンドルのことです。現在は光の波長と出力等を用い正確に定義しなおされて国際単位とされています。

昼間と夜間での比較写真
昼間
昼間
夜間(再帰反射時)
夜間(再帰反射時)

再帰反射材「COLORFULL REFLECTOR」 使用事例

再帰反射材「COLORFULL REFLECTOR」 使用事例

取り付け方法

縫着タイプ
(縫い付け)
5繊維素材等に、ラミネート加工したものを、テープやネームとして製品に縫い付けて使用します。
熱接着タイプ
衣類などの素材に直接熱接着するタイプで身生地に縫製することなく一体感のあるマーキングが可能です。ネクピースや腕章のように単体での製品化もできます。裏面の離型紙をはがして熱接着加工し、冷めてから表面の保護フィルムを剥がします。
感圧着タイプ
(シールタイプ)
衣ガラス、金属、プラスチック等に接着可能。
裏面の離型紙を剥がして貼付けた後、表面の保護フィルムを剥がします。