セルチップ

セルチップの特徴

セルチップの特徴

セルチップ加工とは組紐や細巾のテープを一定の長さにカットし、紐の先端のほつれ防止や先を細くすることによって、穴通しをしやすくするための加工です。先端部分にセルチップ加工を施すことにより、カット部分のほつれも無く、靴紐や衣料品・アクセサリーのアクセントとしてデザインの入った紐をご利用になれます。
ゴム紐は片面プリントで紐が伸びるのが特長です。組紐は両面プリントが可能で、紐がねじれてもデザインが見えるのが特長です。


レギュラー加工サイズ 紐の長さが30〜140cm。その他のサイズについては特殊加工となりますのでご相談下さい。紐の太さは、3mm、5mm、8mm。セルチップのカラーは、透明・黒の2色。

セルチップ 取り付け例

セルチップ 取り付け例