安全と品質へのこだわり

品質へのこだわり01
徹底した品質管理

品質は「人がつくる」を基本に徹底した管理体制を構築しています。
ブランドネームは「品質」がすべてといっても過言ではありません。
それも美感や色、デザインなどの「見える品質」、洗濯などの堅牢度という「見えない品質」の両面があります。
さらに近年はこの二つに加え、「安全性」という第三の品質が求められています。
化学薬品など人体に悪影響を及ぼすものは使用しない。これもブランドネームに不可欠の要件になっているのです。

こうしたことから、私たちは顧客満足度を高めるために社内に「品質管理委員会」を設け、品質の維持、向上を図るため受注から納品にいたる物づくりの全工程を通じて品質保証の取り決めを行い、遵守しています。

日本ダムの品質を支える機器

アンモニア消臭試験
アンモニア消臭試験
 オーブン
オーブン
耐光試験器
耐光試験器
スコットモミ試験器
スコットモミ試験器
学振式摩擦試験器
学振式摩擦試験器
小型環境試験器
小型環境試験器
洗濯・乾燥器
洗濯・乾燥器
アクセレローター試験器
アクセレローター試験器
検針器
検針器
品質へのこだわり02
原材料の品質を厳重にチェック

原材料メーカーからのMSDSの入手、性能評価試験での品質確認(物性・堅牢度)、ホルムアルデヒド含有の確認、蛍光増白剤使用の確認をおこなっています。

ホルムアルデヒド含有に対する管理

ホルムアルデヒドについては法律で規制されています。
「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」昭和48年10月12日、法律第112号

<ホルムアルデヒド含有に対する具体的な管理内容>

  1. プリントネーム、織ネーム材料見本帳に載っている全ての材料はホルムアルデヒド確認済み。
  2. ホルムアルデヒドの確認がされていないものは製造指図書が発行できない仕組み。

【繊維製品のホルムアルデヒド規制内容】

有害物質 ホルムアルデヒド
用途 樹脂加工剤、防腐剤(接着剤用)
対象家庭用品
(1)繊維製品のうち
おしめ、おむつカバー、よだれ掛け、下着、寝衣、手袋、くつ下、中衣、外衣、帽子、寝具であって生後24ヶ月以下の乳幼児用のもの
(2)繊維製品のうち
下着、寝衣、手袋、くつ下およびたび、つけまつげ、つけひげ、かつら、くつ下止めに使用される接着剤
基準

(1)については検出せず(吸光度0.05以下

(2)75ppm以下(試料1g当り75mg以下)

毒性 粘膜刺激
皮膚アレルギー
品質へのこだわり03
プリントネームの評価試験

全ロットについて洗濯/タンブル乾燥処理を10回繰り返し、合格したネームだけを出荷。
JIS L0217 103法洗濯同等 10回繰返し(乾燥はタンブル)

プリントネーム以外でもレーザーカット商品や超音波カット商品も10回繰返し洗濯をしてホツレがないかを確認しています。

  • 洗濯試験
  • 試験布
品質へのこだわり04
ブランド管理徹底と環境への取り組み

日本ダム株式会社ではプリントネーム・織ネームの生産工程で発生する不具合品を社内ですべて破砕し、ブランドネームが不正に持ち出され使用されないよう徹底的に管理しております。

また破砕後のネームは専門業者で再処理され、最終的に固形燃料として再利用しており、大切な資源を有効活用して環境に貢献しております。

破砕機

破砕機

step01
生産工程で発生する不具合品を破砕している状態

strep01

step02
破砕されたネーム

strep02

step03
破砕後、再処理した固形燃料(産業用として使用)

strep03